沢野建設工房
ホーム サイトマップ お問い合わせ アクセスマップ
 HOME>木の話

コラム
「木材の最高峰、ヒノキ」
 
「ヒ ノキ科ヒノキ属の針葉樹。
ノキ(檜、桧とも表記される)は、言わずと知れた建築用木材の最高峰です。


当社でもグレードの高い住宅は、柱や土台にヒノキを使っています。

ヒノキの生息は、日本列島の福島県以南から九州あたりまでの、乾燥した厳しい尾根などに生息しています。また、似た性質を持つ台湾ヒノキが台湾に生息しています。

建築用材としての歴史は非常に古く、古事記のスサノオ神話の中にも、神社・寺院建築にヒノキを使うよう示唆されていたほどでした。世界最古の木造建築として残っている奈良の法隆寺は、なんと1400年前に建造されたものです。
1000年以上も残ったのは、ヒノキを使っていたからだと言われています。しかし、ヒノキの大径木はすでに奈良時代には不足してくるようになり、江戸時代にもなると、ヒノキではなくケヤキや松を使うところも出てきました。

伊勢神宮では、20年に一度社を新しくする「式年遷宮」(しきねんせんぐう)という行事が1300年続いていますが、そのときに使用する木材はすべてヒノキが使われています。

さて、現在の私たちにもヒノキはなじみ深い木となってきました。
建築用材としてのヒノキの特徴は、湿気や白アリにも強く、芯材は薄い黄色から桃色の褐色で美しい木肌をしています。また最近では、ヒノキ独特の芳香が精神を落ち着かせる効果が高いということで、アロマテラピーにも使われています。

 
の話-リスト
 
 
木の話
木の家づくり|スタッフブログ Facebook公式ページへ 北安田モデル 優良工務店の会|JAHO 財団法人住宅産業研修財団 工務店サポートセンター 大工育成塾 国家プロジェクトで職人養成 石川県木造住宅協会